ホーム > サポート > 第27回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

第27回自己抗体と自己免疫シンポジウム

疾患特異的マーカー研究の最前線
Cutting edge research topics on disease-specific marker

開催日時 2020年2月8日(土)14:00〜18:40 (開場 13:30)
会場 丸ビルホール(丸ビル7階)(東京都千代田区丸の内2-4-1)
後援 株式会社 医学生物学研究所
入場 無料
お問い合わせ koutaisympo@mbl.co.jp
開催日:(2020.2.8 東京)
世話人

渥美 達也 (北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
桑名 正隆 (日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
藤本 学 (大阪大学大学院医学系研究科 情報統合医学皮膚科学教室)

申し込み

参加ご希望の方はFAX用紙、またはウェブサイトよりお申し込みください。
→ パンフレット・FAX用紙のダウンロード(PDF:1.6 MB)
→ 参加申込みフォーム

Opening remark (14:00 - 14:05)

渥美 達也 (北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)

講演 (14:05 - 16:25)
  1. 1. 抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎の最新知見と治療戦略

    座長佐藤 慎二
    (東海大学医学部 内科学系リウマチ内科学)
    演者中嶋 蘭
    (京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学)


  2. 2. 免疫疾患におけるセマフォリン分子の病的意義とその臨床応用

    座長石津 明洋
    (北海道大学大学院保健科学研究院 病態解析学)
    演者西出 真之
    (大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学)


  3. 3. チオプリン不耐症例を判別するNUDT15遺伝子検査の有用性

    座長岳野 光洋
    (日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
    演者角田 洋一
    (東北大学病院 消化器内科)


特別講演(16:25 - 17:25)
Current understandings and future perspectives of anti-synthetase syndrome

座長Dr. Masataka Kuwana
(Nippon Medical School Graduate School of Medicine)
演者Dr. Rohit Aggarwal
(Department of Medicine, University of Pittsburgh, Pittsburgh, USA)

Closing remark(17:25 - 17:30)

藤本 学 (大阪大学大学院医学系研究科 情報統合医学皮膚科学教室)

閉会後、ささやかながら情報交換会の場をもうけさせていただきます(17:40-18:40)