添付文書案内

スマイテスト™-2「IgG RF」ELISA

  • 製品概要
  • 製品情報

免疫グロブリンG型リウマトイド因子キット


◎ 関節リウマチの診断補助、モニタリングに

◎ 血清中のIgG型リウマトイド因子(IgG RF)を測定

IgG型リウマトイド因子(IgG RF)

リウマトイド因子(RF)は、関節リウマチ患者の血清中に認められるヒトIgGのFc部分に対する自己抗体で、IgM型、IgG型、IgA型及びIgE型の存在が知られています。1)
クラス別のRFの中でも、特にIgG RFは関節リウマチの臨床像をよく反映するため、疾患活動性や病態を簡便に把握することが可能になりました。2, 3, 4)


測定フロー


スマイテスト™-2「IgG RF」ELISAは、血清中のIgG RFをCarsonらおよびPowellらが報告した方法5, 6)に基づいて測定するELISA試薬です。抗原としてヒトIgG Fcを固相化したウェルと、ウシ血清アルブミン(BSA)が固相化されたウェルを対照として同時測定します。これにより、非特異結合の影響を補正して特異的にIgG RFを測定することが出来ます。酵素標識抗体には、ヒトIgG Fabの重鎖部(Fd)に対するポリクローナル抗体を用い、IgG型の抗体を特異的に検出します。


スマイテスト™「IgG RF」ELISAとの相関


IgG RF陽性例を含む62例の血清検体を用いて本品とスマイテスト™「IgG RF」ELISAとの相関を解析しました。2試薬間でIgG RF値は良好な相関を示しました。

認証番号:302AFEZX00066000
Code No. GS-G0301 包装単位 48ウェル
測定原理 酵素免疫測定法(ELISA) 貯蔵方法 2-8℃

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険収載品

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 関節リウマチ検査 )