添付文書案内

Anti-Integrin αvβ6 ELISA Kit

  • 製品概要
  • 製品情報

測定原理

ELISA法にて測定します。マイクロプレートウェルにインテグリンαvβ6が固相されています。希釈した検体を分注し、60分間反応させます。洗浄により未反応の抗体を除去した後、酵素標識抗体を分注し、60分間反応させます。再び洗浄により未反応の酵素標識抗体を除去した後、酵素基質を分注し20分間反応させたのち、反応を停止させ、吸光度を測定します。検体と同時に測定した標準液の吸光度と検体の吸光度より濃度を算出します。



関連疾患


Code No. 5288 包装単位 96 wells
測定原理 酵素免疫測定法(ELISA) 貯蔵方法 2-8℃

区分 研究用試薬

参考文献
  • Koivisto L, Bi J, Häkkinen L, Larjava H. Integrin αvβ6: Structure, function and role in health and disease. Int J Biochem Cell Biol. 2018;99:186-96.
  • Kuwada T, Shiokawa M, Kodama Y, Ota S, Kakiuchi N, Nannya Y, et al. Identification of an Anti-Integrin αvβ6 Autoantibody in Patients With Ulcerative Colitis. Gastroenterology. 2021;160(7):2383-94.e21.
  • Uzzan M, Martin JC, Mesin L, Livanos AE, Castro-Dopico T, Huang R, et al. Ulcerative colitis is characterized by a plasmablast-skewed humoral response associated with disease activity. Nat Med. 2022.

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗インテグリンαvβ6抗体測定 )