添付文書案内

ステイシア MEBLux™テスト ssDNA

  • 製品概要
  • 製品情報
FAQ

血清中の抗1本鎖DNA抗体の測定に

迅速測定(19分以内)により、診療前検査が可能。 測定範囲が広く、再検数が減少

化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)を原理とするSTACIA®専用試薬
◎ 測定時間は、サンプリングから結果出力まで19分以内

抗ssDNA抗体とは

自己免疫疾患患者血清中には様々な抗核抗体が検出されます。抗核抗体は細胞核成分に対する自己抗体の総称で、そのうちのいくつかは、全身性エリテマトーデス(SLE)、混合性結合組織病(MCTD)、シェーグレン症候群(SS)、全身性強皮症(SSc)などの自己免疫疾患の診断に有用であるとされています。中でも抗DNA抗体は、SLE患者血清中に高頻度、特異的に検出されることから、SLEの診断、治療の指針として利用されてきました。

抗DNA抗体の測定法としては、1990年代前半まではPHA法、間接蛍光抗体法、RIA法などが多く使用されていましたが、近年では、感度、特異性、定量性の面でより優れたELISA法、CLEIA法が普及しています。ステイシアMEBLux™テスト ssDNAは、IgGクラスの抗ssDNA抗体を測定するCLEIA法を用いた体外診断用医薬品です。

抗ssDNA(single stranded DNA)抗体の測定は抗dsDNA抗体と同様、SLEでの臨床的有用性が認められています。特にIgGクラス抗ssDNA抗体がSLEにおいて優位に高値を示すことや、SLE患者における再燃に際しては、IgGクラス抗ssDNA抗体が上昇するため、経時的にIgGクラス抗ssDNA抗体を測定することは、再燃の予知において有用であることが報告されています。このため抗dsDNA抗体の測定と共に、臨床的に重要な検査となっています。

臨床的意義

抗dsDNA抗体
(二重らせんを認識する抗体)
・SLEに特異的であるが、この抗体の出現は極めて稀である
抗ds/ssDNA抗体
(抗dsDNA抗体)
(糖-リン酸主鎖を認識する抗体)
・SLEに特異的
・SLEの活動期に出現する、lgGクラスが特徴的
抗ssDNA抗体
(塩基または塩基配列を認識する抗体)
・SLEの活動期・寛解期に出現
・SLE以外の膠原病でも出現、lgGクラスが優位
・SLE患者で再燃時には、抗ssDNA抗体のみが上昇する例がある
・抗dsDNA抗体陰性のループス腎炎では、補体結合性の抗ssDNA抗体が出現する
・低補体価のSLEで腎症を起こさない患者で抗ssDNA抗体が高い
認証番号:223AFAMX00136000
Code No. 2400 包装単位 100テスト
測定原理 化学発光酵素免疫測定法(CLEIA) 貯蔵方法 2-8℃
構成品 反応用緩衝液(R1)、ssDNA抗原結合磁性粒子(R2)、酵素標識抗体(R3)
基質液(R5)※別売品/体外診断用医薬品
別売品
関連製品

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険収載品

参考文献
  • Ter Borg EJ et al: Measurement of increases in anti-double-stranded DNA antibody levels as a predictor of disease exacerbation in systemic lupus erythematosus. A long-term, prospective study. Arthritis and Rheumatism. 33 (5):634-643, 1990.
  • Isenberg DA et al: Measurement of anti-DNA antibodies: a reappraisal using five different methods. Annals of the Rheumatic Diseases. 46(6):448-456, 1987.
  • Wold RT et al: Deoxyribonucleic acid antibody: a method to detect its primary interaction with deoxyribonucleic acid. Science. 161(3843):806-807, 1968.
  • Smeenk R et al: Avidity of antibodies to dsDNA: comparison of IFT on Crithidia luciliae, Farr assay, and PEG assay. J. Immunol. 128(1): 73-78, 1982.
  • Smeenk R: A comparison of four different anti-DNA assays. Immunoassay Technology. 2:145-1666, 1986.
  • 恒川伸二 他: MBL 自己抗体精度管理,25 年間の活動とその成果 ‐抗核抗体を中心に‐ . 臨床病理. 58:131-138, 2010.
  • MBL 自己免疫レポート No.38,2011.

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗DNA抗体検査 )