添付文書案内

ステイシア MEBLux™テスト CCP

  • 製品概要
  • 製品情報

関節リウマチの診断補助に
迅速測定により、診療前検査が可能。測定範囲が広く、再検数が減少

化学発光酵素免疫測定法(CLEIA)を原理とするSTACIA®専用試薬
◎ 測定時間は、サンプリングから結果出力まで19分以内
◎ 0.6~500 U/mLの広い測定範囲
◎ 既承認品との相関良好

抗CCP抗体

関節リウマチ(Rheumatoid arthritis:RA)は慢性の全身性炎症性自己免疫疾患で、世界人口の約1%が罹患しているといわれています。RAでは、関節滑膜が増殖し、血管内から滑膜組織へリンパ球、マクロファージが遊走し、これらが産生する炎症性のサイトカインによって、軟骨・骨の破壊が進行します。

RAの発症には個人差が大きく、関節痛を主訴とする疾患には多種の疾患があるため、それらを除外したうえで、より早期に適切な治療を開始することが重要です。現在では、早期からの治療介入によってRAの進行を抑制できることが明らかになってきています。

RAの関節滑膜には各種のシトルリン化蛋白が発現していることが知られています。また、RA患者血液中にはシトルリン化抗原に対する自己抗体(抗CCP抗体)が産生されています1)

抗CCP抗体はRAに対する高い特異性を有し、RA発症早期から検出されるためにRAの早期診断に有用であることが立証されています2)3)4)



認証番号:223AFAMX00059000
Code No. 2310 包装単位 60テスト
測定原理 化学発光酵素免疫測定法(CLEIA) 貯蔵方法 2-8℃
構成品 反応用緩衝液(R1)、CCP抗原結合磁性粒子(R2)、酵素標識抗体(R3)
基質液(R5)※別売品/体外診断用医薬品
別売品
関連製品

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険収載品

参考文献
  • Schellekens, G. A. et al. J Clin Invest. vol. 101, no. 1, p. 273-281, 1998.
  • Suzuki, K. et al. Scan J Rheum. vol. 32, p. 197-204, 2003.
  • 三森経世. リウマチ科. vol. 34, p. 244-249, 2005.
  • Matsui, T. J Rheumatol. vol. 33, no. 12, p. 2390-2397, 2006.

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 関節リウマチ検査 )