ホーム > 臨床検査薬・機器

臨床検査薬・機器

臨床検査薬

自己免疫疾患検査

潰瘍性大腸炎の血清学的マーカーとしての「PR3-ANCA」有用性

近年、多発性血管炎を伴う肉芽腫症の血清学的マーカーとして知られているPR3-ANCA(抗好中球細胞質プロテイナーゼ3抗体)は、潰瘍性大腸炎の鑑別診断にも有用である可能性が示されました。

PR3-ANCAは
1. 潰瘍性大腸炎の鑑別診断に役立つ可能性
2. 非侵襲的検査として早期診断・治療につながる可能性

潰瘍性大腸炎(UC)について

患者数 約220,000人1)
UCは指定難病に定められている炎症性腸疾患(IBD)の一つで、国内の患者数は増加傾向にあり、現在では約22万人に達すると推定されています。


UCの鑑別診断の重要性
適切な治療のため、IBDと類似腸疾患の鑑別、UCとクローン病(CD)の鑑別困難例の診断は正確に行う必要があります。


診断の課題
大腸内視鏡による生検などを経て総合的に診断されますが、患者に与える身体の負担も問題となっています。


小児患者の増加2)
小児では特に非侵襲的な検査が望まれています。


研究紹介1

UCの診断におけるPR3-ANCAの有用性【成人例(36.09~40.61歳)】3)

2018年、竹田津らはUC患者でPR3-ANCAが対照群と比較して有意に高く(p < 0.001)、カットオフ値3.5 U/mLの場合、UCに対する感度が39.2%、特異度は96.6%であったことから、PR3-ANCAがUCの診断に有用である可能性を示しました(図1, 2)。
また、PR3-ANCAの力価とUCの疾患活動性(Partial Mayo scoreによる分類)には有意な相関が認められたことから、重症度評価の血清学的マーカーとしての役割も示唆されました(図3)。

図1~3(力価分布、ROC解析)


研究紹介2

UCの診断におけるPR3-ANCAの有用性【小児~若年例(0~16歳)】4)

成人例と同様に、日本人小児でもUCの診断におけるPR3-ANCAの有用性が水落らの研究で示されました。


対象
UC CD 非IBD腸疾患 健常者 合計
148 120 56 43 367

結果-疾患別の測定値分布

UC患者におけるPR3-ANCAの力価(1.6 U/mL)は、CD患者(0.2; p < 0.001)、非IBD腸疾患患者(0.15; p < 0.001)、健常者(0.1; p < 0.001)に比べ有意に高い値を示しました。
※中央値


結果-ROC解析

AUCは0.79(95%CI, 0.74-0.84)で、カットオフ値3.5 U/mL(ANCA関連血管炎のスクリーニングに最適化された値)を用いた場合、PR3-ANCAはUCの診断において感度が36.5%と低く、特異度は93.2%と高い結果でした。
カットオフ値0.8 U/mLとした場合、感度は64.9%、特異度は良好で83.6%でした。

カットオフ値(U/mL) 3.5 0.8
感度 36.5% 64.9%
特異度 93.2% 83.6%

参考文献
  • 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究班(鈴木班):潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識 第4版「令和元年度において、厚生労働科学研究費補助(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))を受け、実施した研究の成果」:1, 202
  • Ishige T, Tomomasa T, Hatori R, Tatsuki M, Igarashi Y, Sekine K, et al. Temporal Trend of Pediatric Inflammatory Bowel Disease: Analysis of National Registry Data 2004 to 2013 in Japan. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2017;65(4):e80-e2.
  • Takedatsu H, Mitsuyama K, Fukunaga S, Yoshioka S, Yamauchi R, Mori A, et al. Diagnostic and clinical role of serum proteinase 3 antineutrophil cytoplasmic antibodies in inflammatory bowel disease. J Gastroenterol Hepatol. 2018.
  • Mizuochi T, Arai K, Kudo T, Nambu R, Tajiri H, Aomatsu T, et al. Diagnostic accuracy of serum proteinase 3 antineutrophil cytoplasmic antibodies in children with ulcerative colitis. J Gastroenterol Hepatol. 2021;36(6):1538-44.
製品情報

紹介した2報には「ステイシア MEBLux™テスト PR3-ANCA」が使用されました。


最終更新日:2021年10月