自己免疫性水疱症の検査

自己免疫性水疱症の検査

株式会社 医学生物学研究所

臨床経過と自己抗体価

臨床経過と自己抗体価

ELISAによる自己抗体の検出では,抗体価の変動を細かく捕えることができる ため,病勢のモニタリングとして有用です.

MESACUP™デスモグレインテスト「Dsg1」,MESACUP™デスモグレインテスト「Dsg3」を用いた粘膜皮膚型尋常性天疱瘡の病態モニタリング
MESACUP™デスモグレインテスト「Dsg1」,MESACUP™デスモグレインテスト「Dsg3」を用いた粘膜皮膚型尋常性天疱瘡の病態モニタリングの例では,皮膚紅斑の改善とともに抗Dsg1抗体,抗Dsg3抗体のIndex値が低下しているのが確認できます.また,PDAI*のスコアともよく合致しています.

尋常性天疱瘡の病勢と抗デスモグレイン抗体価の変動

* PDAI (Pemphigus Disease Area Index,ピーダイ) :
国際基準として用いられ,わが国でも重症度判定基準IIa (完全版) およびIIb (簡易版) として採用されています.

MESACUP™ BP180テストを用いた水疱性類天疱瘡の病態モニタリング

MESACUP™ BP180テストを用いた水疱性類天疱瘡のモニタリングの例です.水疱の消失とIndex値の変化がよく対応しています.また,妊娠性疱疹の病態モニタリングにおいて,分娩前後での紅斑や水疱の状態と抗BP180抗体のIndex値との間の相関性を示す報告もあり,定期的な自己抗体測定の臨床的重要性が示されています (29)

水疱性類天疱瘡の病勢と抗BP180抗体価の変動



Anti-Type VII Collagen ELISA Kitを用いた後天性表皮水疱症の経過

Anti-Type VII Collagen ELISA Kit (研究用) を用いた病勢と測定値の例です.皮膚症状の改善とともにIndex値が低下しています.
後天性表皮水疱症の病勢と抗タイプVIIコラーゲン抗体価の変動