ホーム > サポート > シンポジウム・講演会一覧 > 第9回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

サポート

第9回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

第9回「自己抗体と自己免疫」シンポジウムは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

お問い合わせ: koutaisympo@mbl.co.jp
開催日:(2001.9.26~29 兵庫)
講演(14:05 - 16:55)
  1. Role of the inflammatory response in the pathogenesis of pristane-induced lupus

    Westley H. Reeves (University of Florida)

  2. 制御性T細胞と自己免疫病

    坂口 志文 (京都大学 再生医科学研究所・生体機能調節学)

  3. The infectious origin of anti-phospholipid syndrome

    Yehuda Shoenfeld (Tel-Aviv University)

  4. The second T cell receptor gene rearrangement contributes in the generation of regulatory self-reactivity as well as the avoidance of functional self-reactivity in the thymus

    三崎 義堅 (東京大学 アレルギー・リウマチ内科)

  5. Bリンパ球でのCD40L異所性発現による全身性エリテマトーデス様自己免疫疾患の発症

    鍔田 武志 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所)

  6. 慢性関節リウマチとcostimuratory molecules

    籏智さおり、河野誠司 (神戸大学大学院医学研究科 臨床病態・免疫学)

  7. Central T cell tolerance; more than meets the eye

    Bruno Kyewski (German Cancer Research Center)

  8. Reduced in vitro and in vivo phagocytosis of apoptotic cells in a subgroup of patients with SLE-implications for the etiology of autoimmunity

    Martin Herrmann (University Erlangen-Nuremberg)

世話人

山本 一彦(聖マリアンナ医大 難治研)
高崎 芳成(順天堂大学 膠原病内科)
三森 経世(慶應義塾大学 内科)
Jack D. Keene(Duke Univ. Medical Center)