ホーム > サポート > シンポジウム・講演会一覧 > 第6回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

サポート

第6回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

第6回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム(1999年2月13日(土) 開催)は終了いたしました。 お問い合わせ: koutaisympo@mbl.co.jp

テーマ: -自然免疫と自己免疫疾患-

開催日:(1999.2.13 東京)
講演(14:05 - 16:55)
  1. Molecular relationships between autoimmunity and cancer

    Jack D. Keene (Duke University Medical Center)

    座長山本 一彦 (東京大学)

  2. 抗セントロメア抗体を用いたセントロメアの機能構造と自己免疫反応の解析

    室 慶直 (名古屋大学医学部 皮膚科)

    座長諸井 泰興 (国立伊東温泉病院)

  3. 抗PDC-E2抗体のエピトープと抗体遺伝子の解析

    石橋 大海 (九州大学医学部 第一内科)

    座長原 まさ子 (東京女子医科大学付属膠原病リウマチ痛風センター)

  4. 多発性筋炎・皮膚筋炎と自己抗体

    平形 道人 (慶應義塾大学医学部 内科)

    座長斉藤 栄造 (東邦大学)

  5. シェーグレン症候群の特異的制御へのアプローチ

    住田 孝之 (筑波大学 臨床医学系内科)

    座長森本 幾夫 (東京大学)

特別講演(16:55 - 17:55)

Significance Autoantibodies in Health and Disease

Jacob B. Natvig (University of Oslo)
座長Jack D. Keene (Duke University Medical Center)


世話人

山本 一彦(聖マリアンナ医大 難治研)
高崎 芳成(順天堂大学 膠原病内科)
三森 経世(慶應義塾大学 内科)
Jack D. Keene(Duke Univ. Medical Center)