ホーム > サポート > シンポジウム・講演会一覧 > 第2回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

サポート

第2回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム

第2回「自己抗体と自己免疫」シンポジウム(1994年11月19日(土)開催)は終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

お問い合わせ: koutaisympo@mbl.co.jp

テーマ: 自己抗体の産生機序と病因的意義

開催日:(1994.11.19 東京)
講演(14:05 - 16:55)
  1. 抗ヒストン抗体:その特異性と病原性

    蓑田 清次(自治医科大学 アレルギー膠原病科)

  2. 自己抗体産生の分子機構

    広瀬 幸子(順天堂大学医学部 第二病理)

  3. 抗DNA抗体増強因子"ヌクレオバインディン"と自己免疫-その病態と分子・細胞機構

    金井 芳之(東京大学医科学研究所 癌生物学研究部)

  4. Molecular Diversity and Applied Evolution For Understanding Autoimmunity

    Jack D. Keene(Duke University Medical Center)

特別講演(16:55 - 17:55)

Autoay Prodntiboduction in SLE

Joe Craft(Yale University Sectin of Rheumatology)


世話人

山本 一彦(聖マリアンナ医大 難治研)
高崎 芳成(順天堂大学 膠原病内科)
三森 経世(慶應義塾大学 内科)
Jack D. Keene(Duke Univ. Medical Center)