Anti-Pfetin (Human) mAb
PDF

コード D348-3 包装 100 µg/100 µL
測定原理 Western Blotting
/Immunohistochemistry
保存温度 -20℃

区分 研究用試薬

備考 製品の詳細は「MBLライフサイエンスサイト」をご確認ください。
参考文献

分野 (測定項目) 病理・細胞診 ( 病理用試薬 )

Pfetin検出試薬

Pfetin(フェチン)の免疫組織化学にお使いいただける病理染色用抗体です。フェチンの発現研究、機能研究や消化管間質腫瘍(GIST)の予後予測に関する研究にご利用いただけます。

>>> 消化管間質腫瘍(GIST)関連抗体(研究用試薬)についてはMBLライフサイエンスサイトをご覧ください。

Immunohistochemistry (FFPE, antibody concentration 1 µg/mL)

Pfetin(フェチン)とは

 「Pfetin(フェチン)」または「potassium channel domain containing protein 12, KCTD12」と呼ばれるタンパク質は、難聴の原因遺伝子を探索する過程で胎児の蝸牛に高発現する遺伝子として発見され、その配列からカリウムイオンチャンネルの構造をもつことが明らかとなっています。また、最近の研究ではフェチンはGABA-B受容体の補助的なサブユニットとして機能し、シグナル伝達に関わることも報告されています。

PfetinとGIST

 GIST(消化管間質腫瘍:gastrointestinal stomal tumor)は、疫学的に100万人あたり11~20人程の発症率といわれており、消化管にできるもっとも頻度の高い肉腫です。日本では切除不能または再発のGIST患者数は年間1000~1500人とされています。
 しかし、GISTの発症の機構は明らかにされておらず、有効な予防法は今のところありません。また、臨床的に多様性に富んでいて、予後良好な症例から、転移し死亡する症例までさまざまです。一方、GISTの分子背景には共通の遺伝子異常が存在し、80%以上のGIST症例においてチロシンリン酸化酵素であるKITやPDGF受容体(PDGFR)に変異・過剰発現が認められるとの報告があります。近年、KIT陽性のGIST症例に対しては、分子標的薬であるイマチニブ、スニチニブ、レゴラフェニブよる治療が行われております。また、予後を予測して治療をおこなうことの重要性が非常に注目されています。
 GISTのリスク分類は、腫瘍細胞の核の分裂像と腫瘍の大きさを元に行われていますが、確実に再発を予測することはできていません。そこで、より正確に予後を予測診断するためのバイオマーカーが求められています。
 本品を用いた臨床研究において、フェチンを高発現するGIST症例では術後の再発率がきわめて低く、逆にフェチン低発現症例では再発率が高いことが示されました。今後、フェチンとGISTの予後との関係性について、フェチン抗体を用いた研究が進むことが期待されます。