全自動蛍光抗体法分析装置 HELIOS®
PDF

一般医療機器(特定保守管理医療機器該当)(設置管理医療機器該当)
コード 9695 包装 一式
測定方法 間接蛍光抗体法 保存温度 室温
関連製品

区分 機器 保険新規収載日

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗核抗体検査 )
機器 ( 機器 )

◎ 検体と試薬をセットするだけ 染色から画像取込まで全自動
◎ シンプルな操作性
◎ 力価自動判定 ※スクリーニングモード実行時
◎ HELIOS®搭載可能試薬「フルオロ HEp-2 ANA テスト」発売中!>>詳細はこちらから

ソフトウェアの概要

モード① 全自動(標本作製・画像取込・力価判定)

標本作製、画像取込、力価判定を全自動で実行するモードです。

モード② 標本作製

標本作製を実行するモードです。最大190 検体、最大20 スライドの処理が可能です。
あらかじめ設定することにより、専用キット以外のスライドも使用可能です。

モード③ 画像取込・力価判定

画像取込、力価判定を実行するモードです。1 ウェルあたりの画像取込枚数は最大10 枚まで指定可能で、ウェル内取込エリアは自由に設定できます。取り込んだ画像は、2592 × 1944 ピクセルと高画質です。

モード④ 結果判定・レポート作成

結果判定、レポート作成を実行するモードです。力価はモード③で自動判定されていますので、パターン判定のみとなります。トレーサビリティを反映したレポートが作成できます。

ログイン権限

使用者、管理者を個別設定することができます。
個別設定はパスワードで管理され、管理者は使用者の機能使用に制限を設けることができます。

機器の概要

スライド用2 次元バーコードリーダー

専用スライドにはスライドのシリアルナンバーを含むバーコードが印刷されており、各ウェルと検体情報、試薬のロットを紐付けて情報を管理、保存することが可能です。

サンプルバーコードリーダー

サンプルのトレーサビリティを確保し、検体番号を自動で入力します。

顕微鏡ユニット

対物レンズはNikon製。カメラは5 メガピクセル(2,592 × 1,944ピクセル)CMOS イメージセンサ、1/2.5 インチオプティカルフォーマット。

遮光カバー

遮光性が高いので、装置内部を常に暗室と同じ環境にします。

設置場所を選ばないコンパクトな設計

幅 570 mm、高さ 620 mm、奥行き 750 mm、重量 33 kg

製品仕様

項目 仕様
蛍光顕微鏡ユニット LED ランプ 500 万画素CMOS Image Technology 20 倍対物レンズ
バーコードリーダー スライド用:2 次元タイプ 
検体チューブ/ ラック用:1 次元タイプ
検体・試薬分注方式 ニードル方式
ウェル洗浄方式 ニードル方式
液面検知 静電方式
検体・試薬分注量 1 ~ 1,000 µL
分注精度 5 µL 分注時 CV ≦ 3%、10 µL 分注時 CV ≦ 1%
付属品 制御用PC、洗浄液ボトル、精製水ボトル、廃液ボトル
OS Windows 7 Professional
ログイン権限 User: 使用者 Superuser:管理者 
オンライン通信 可能
本体サイズ 幅 570 mm ×高さ 620 mm ×奥行き 750 mm
重量 33 kg
電源 100 / 240 V 75 W 50 / 60 Hz
動作環境 温度:20 ~ 35 ℃ 湿度:10 ~ 60%
機能 標本作製(Screening モード・Titration モード) 画像取り込み 力価判定 
レポート作成(ウェル単位・スライド単位・ワークシート単位) LIS
検体架設数 106 本(検体用バーコードリーダーを使用しない場合:190 本)
スライド架設数 12 穴 × 20 枚(26.1 mm × 76.1 mm)
希釈プレート架設数 96 ウェルマイクロプレート(平底タイプ):2 枚(192 ウェル)
同時測定項目 4 項目
反応時間管理 スライドグラス単位
反応環境 室温