MESACUP™-2テスト CENP-B
PDF

承認番号:21300AMZ00015000
コード 7991 包装 96ウェル
測定原理 酵素免疫測定法(ELISA) 保存温度 2-8℃
構成品 CENP-B感作マイクロカップ、標準血清1、抗セントロメア抗体標準血清2、陽性コントロール、陰性コントロール、酵素標識抗体、反応用緩衝液、洗浄用緩衝液(20倍濃縮品)、酵素基質液、反応停止液
別売品

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険収載品 保険適用区分

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗セントロメア抗体検査 )

抗セントロメア抗体

 抗セントロメア抗体 (anti-centromea antibody: ACA) は、染色体セントロメア(キネトコア)に存在する抗原と反応する抗核抗体であり、1980年Moroiらによって初めて報告されました。抗セントロメア抗体は、強皮症の亜型であるCREST症候群、乾燥症状を伴う肝疾患等において検出されることが知られています。厚生労働省研究班により作成された強皮症の診断基準においても抗セントロメア抗体陽性が基準の一つに挙げられています。

* ACAの対応抗原としてCENP-A(17 kDa)、CENP-B(80 kDa)、CENP-C(140 kDa)の3種類が知られていますが、このうちCENP-Bが主要抗原です。