MESACUP™ anti-RNAポリメラーゼ III テスト
PDF

承認番号:22100AMX02347000
コード 7836 包装 48ウェル
測定原理 酵素免疫測定法(ELISA) 保存温度 2-8℃
構成品 抗原感作マイクロカップ、標準血清1、抗RNAポリメラーゼ III抗体標準血清2、酵素標識抗体、反応用緩衝液、洗浄用緩衝液(20 倍濃縮品)、酵素基質液、抗RNAポリメラーゼ III抗体陽性コントロール、陰性コントロール、反応停止液

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険点数収載品 保険適用区分

参考文献 Kuwana M, et al. :Enzyme-Linked Immunosorbent Assay for Detection of Anti-RNA Polymerase III Antibody. Analytical Accuracy and Clinical Associations in Systemic Sclerosis. Arthritis Rheum. 52, 2425-2432 (2005)

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗RNAポリメラーゼⅢ抗体測定 )

ELISA法による血清中の抗RNAポリメラーゼ III 抗体測定試薬

 全身性強皮症は、皮膚硬化範囲が全身におよぶびまん型と、肘および膝より遠位に限局される限局型に分類されています。全身性強皮症患者血清中に検出される抗トポイソメラーゼ I 抗体は肺線維症を伴うびまん型、抗セントロメア抗体は内臓病変が少ない限局型と関連することが知られています。抗RNAポリメラーゼ III 抗体は、びまん型の全身性強皮症に特異性が高く、他の自己抗体(抗トポイソメラーゼ I 抗体、抗セントロメア抗体)とは共存する例が少ないこと、抗RNAポリメラーゼ III 抗体の陽性例で強皮症腎を高率に併発することなどから、全身性強皮症の診断、病型分類、治療方針における補助情報として有用となります。

本製品は抗原としてリコンビナントRNAポリメラーゼ III タンパク質を用いており、血清中の抗RNAポリメラーゼ III 抗体を特異的に測定する試薬です。

臨床性能試験結果

全身性強皮症(SScびまん型及びSSc限局型)、その他の膠原病における抗体価の分布