Kアッセイ®Ⅱ BCA225
PDF

承認番号:21500AMZ00418000
コード 7721 包装 96ウェル
測定原理 酵素免疫測定法(ELISA) 保存温度 2-8℃
構成品 抗体固相化マイクロカップ、BCA225標準液1-6、酵素標識抗体、反応用緩衝液、洗浄用緩衝液(10 倍濃縮品)、酵素基質液、反応停止液

区分 体外診断用医薬品
保険点数 *保険点数収載品 保険適用区分

参考文献
  • 杉山和義:乳癌領域の腫瘍マーカー. 日医雑誌,131:651-654, 2004
  • 杉山和義 他:乳癌における新しい腫瘍マーカーBCA225の有用性の検討. 日臨外医会誌, 51:1380-1388, 1990
  • 妹尾亘明 他:乳癌診断における腫瘍マーカーBCA225の有用性に関する検討. 乳癌の臨床, 7:601-613, 1992

分野 (測定項目) 腫瘍マーカー ( BCA225測定 )

乳癌手術後のFollow-Up、再発乳癌の診断・治療効果の判定に

 BCA225はヒト乳がん細胞株T47Dの培養上清中に存在する分子量225 kdないし250 kdの糖蛋白質です。Spiegelman、Mesa-Tejada、大野らにより、BCA225に対する2種のモノクローナル抗体CU18とCU46が作製され、免疫組織化学的に乳癌に特異性があることが認められました。血清中のBCA225は、原発進行乳癌患者および再発・転移乳がん患者において高い頻度で高値を示しますが、健常者、良性乳腺疾患患者、乳癌術後非再発患者では高値を示す例が少ないという結果が得られています。血清中のBCA225の測定値が高い場合、乳癌術後モニタリングの一手段として利用できます。
Kアッセイ®II BCA225」は、2種のマウスモノクロ-ナル抗体CU18とCU46を用いた2ステップサンドイッチELISA法によって血清中に存在するBCA225を測定するキットです。
◎ 高い特異性を有しています。
◎ 希釈直線性に優れています。
◎ 測定範囲は30~500U/mLです。プロゾ-ン現象は10000U/mLまで認められません。
◎ 全自動ELISA測定機器対応試薬です。多数検体を短時間で測定できます。