MBL 株式会社医学生物学研究所 臨床検査薬

このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。
APR-D ラテックス
PDF

承認番号:02E第0039号
コード 4065D 包装 20回
測定原理 ラテックス擬集法 保存温度 2-8℃
構成品 抗ヒトα1‑AG抗体感作ラテックス、抗ヒトHp抗体感作ラテックス、抗ヒトCRP抗体感作ラテックス、α1‑AG用滴下試薬1(30mg/dL)、α1‑AG用滴下試薬2(40mg/dL)、α1‑AG用滴下試薬3(50mg/dL)、Hp用滴下試薬1(20mg/dL)、Hp用滴下試薬2(50mg/dL)、Hp用滴下試薬3(100mg/dL)

区分 体外診断用医薬品
保険点数 191 保険適用区分 D015-17
留意事項 APRスコア定性は,α1-酸性糖蛋白,ハプトグロビン及び C反応性蛋白(CRP)定性の3つを測定した場合に算定する.

分野 (測定項目) 感染症 ( 新生児感染症検査(APRスコア法) )

新生児感染症検査(APRスコア法)試薬

 1974年、後藤らによって提唱されたAPRスコア法は、新生児感染症の早期診断、病状経過の把握、治療の判定、抗生物質使用の指標として有用であり、新生児感染症のスクリーニング検査として広く用いられるようになりました。APRスコア法は急性炎症時に増加するタンパク成分である急性相反応物質(Acute phase reactants: APR)のうち、 α1-アシドグリコプロテイン(α1-AG)、ハプトグロビン(Hp)、C-reactive protein(CRP)の3種を同時に測定し、3者の成績で診断する方法です。APR-Dラテックスは、確実で迅速に新生児感染症を診断できるラテックス凝集反応を用いたスクリーニングです。