MBL 株式会社医学生物学研究所 臨床検査薬

このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。
ステイシア MEBLux™テスト Jo-1
PDF

認証番号:225AFAMX00007000
コード 2345 包装 60テスト
測定原理 化学発光酵素免疫測定法(CLEIA) 保存温度 2-8℃
構成品 反応用緩衝液(R1)、Jo-1抗原結合磁性粒子(R2)、酵素標識抗体(R3)、基質液(R5)(別売/体外診断用医薬品)
別売品
関連製品

区分 体外診断用医薬品
保険点数 146 保険適用区分 D014-10
留意事項 注)抗ARS抗体とD014-9から14までに掲げる検査を2項目又は3項目以上行った場合は,所定点数にかかわらず,それぞれ320点又は490点を算定する.ただし,抗ARS抗体とD014-10 抗Jo-1抗体定性,同半定量又は同定量を併せて実施した場合は1項目として数える.

参考文献
  • Nishikai M, Reichlin M: Heterogeneity of precipitating antibodies in polymyositis and dermatomyositis. Characterization of the Jo-1 antibody system. Arthritis Rheum 23, 881-888 (1980)
  • Mathews MB, Bernstein RM: Myositis autoantibody inhibits histidyl-tRNA synthetase: a model for autoimmunity. Nature 304, 177-179 (1983)
  • Yoshida S, et al. The precipitating antibody to an acidic nuclear protein antigen, the Jo-1, in connective tissue diseases. A marker for a subset of polymyositis with interstitial pulmonary fibrosis. Arthritis Rheum 26, 604-611 (1983)
  • Targoff IN, Reichlin M: Measurement of antibody to Jo-1 by ELISA and comparison to enzyme inhibitory activity. J Immunol 138: 2874-2882 (1987)
  • 谷本潔昭 他: 皮膚筋炎・多発性筋炎の改定診断基準. 厚生省特定疾患自己免疫疾患研究班平成4年度研究報告書 25-28 (1993)
  • 平形道人: 多発性筋炎・皮膚筋炎における自己抗体とその臨床免疫学的意義. 日本免疫学会会誌30: 444-454 (2007)
  • Hirakata M, et al. Measurement of antibody to Jo-1 by ELISA and comparison to enzyme inhibitory activity. J Immunol 138:2874-2882 (1987)

分野 (測定項目) 自己免疫疾患 ( 抗ENA抗体検査 / 筋炎関連抗体検査 )

抗ENA抗体検査試薬

 ENAとは、可溶性核抗原(Extractable Nuclear Antigen)の略称で、真核細胞核から抽出される非ヒストン蛋白群の総称です。ENAに対する自己抗体は、種及び臓器特異性を持たず、種々の膠原病において検出され、また、特異性の異なる種々の抗体群(抗RNP抗体、抗Sm抗体、抗SS-A抗体、抗SS-B抗体、抗Scl-70抗体、抗Jo-1抗体など)が存在することが知られています。抗ENA抗体の分類研究が進むにつれ、特定の疾患あるいは臨床症状との間に関連性があることが明らかにされてきました。今日では、自己抗体の特異性を知ることが膠原病の病型分類や予後の推定などの点から、診断の補助として重要であると考えられています。