ホーム > 測定原理 > ラテックス凝集法


測定原理

ラテックス凝集法

抗体(抗原)をラテックス粒子に固相化し、抗原(抗体)存在下でラテックス粒子を凝集させます。この凝集を観察することで、抗原(抗体)を検出する試薬です。検体中に目的の抗原が含まれていない場合、凝集は見られません。

関連製品