ホーム > 測定原理 > 間接蛍光抗体法 (indirect immunofluorescence; IIF)


測定原理

間接蛍光抗体法 (indirect immunofluorescence; IIF)

抗原を固定したスライドグラス上に検体を添加し、抗原・抗体反応(一次反応)をさせます。洗浄後、FITC標識抗体を添加して反応(二次反応)させ、抗原・抗体・FITC標識抗体の複合物を形成させます。FITCの蛍光を蛍光顕微鏡で観察します。




関連製品