ホーム > 測定原理 > ELISA法


測定原理

ELISA法

抗原測定系

競合法

抗体を固相化したマイクロカップに検体と酵素標識抗原を添加し、抗原・抗体反応をさせます。洗浄後、酵素基質と反応、発色させ、吸光度を測定して検体中の抗体(もしくは抗原)量を算出します。
測定抗原が多い場合は、酵素標識抗原の反応は少なくなります。逆に、測定抗原が少ない場合は、酵素標識抗原が捕捉され、基質による酵素の発色が強くなり、図のようなグラフを示します。



サンドイッチ法

抗体を固相化したマイクロカップに検体を添加し、抗原・抗体反応をさせます。さらに酵素標識抗体を添加し、抗原・抗体反応をさせます。洗浄後、酵素基質と反応、発色させ、吸光度を測定して検体中の抗体(もしくは抗原)量を算出します。
検体中に抗原が含まれていると、固相抗体+抗原+酵素標識抗体のサンドイッチの構造をとり、抗原がなければ固相抗体のみとなりまりますので、酵素の量に応じた発色は図のようなグラフを示します。


抗体測定系

抗原を固相化したマイクロカップに検体を添加し、抗原・抗体反応(一次反応)をさせます。洗浄後、酵素標識抗体を添加して反応(二次反応)させ、抗体・抗原・酵素標識抗体の複合物を形成させます。再び洗浄後、酵素基質と反応、発色させ、吸光度を測定して検体中の抗体(もしくは抗原)量を算出します。

関連製品