ホーム > 疾患と検査 | 臓器特異的自己免疫疾患 > 慢性甲状腺炎(橋本病)

疾患と検査

慢性甲状腺炎(橋本病)

慢性甲状腺炎 (橋本病)は,甲状腺における慢性の炎症のために,びまん性の甲状腺腫大や甲状腺機能低下症を生じる,中年の女性に多い疾患です.
甲状腺刺激ホルモン (TSH)は上昇,総トリヨードサイロニン (T3),総サイロキシン (T4)は低下し,甲状腺の組織成分に対する自己抗体として,抗サイログロブリン (Tg)抗体,抗甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)抗体などが検出されます.生検組織ではリンパ球浸潤,リンパ濾胞や胚中心の形成,濾胞上皮細胞の変性を認めます.

臨床的特徴

硬いびまん性甲状腺腫,
皮膚乾燥・浮腫,筋力低下,動作緩慢,寒がり・発汗減少,記憶障害

関連自己抗体

自己抗体 抗サイログロブリン (Tg)抗体、抗甲状腺ペルオキシダーゼ (TPO)抗体
MBL関連製品 -
疾患・病態との関連 慢性甲状腺炎 (橋本病)の他,バセドウ病でも高率に出現.他の甲状腺疾患でも検出される.
診断基準