ホーム > 疾患と検査 | 全身性自己免疫疾患 > 急速進行性糸球体腎炎(RPGN)

疾患と検査

急速進行性糸球体腎炎(RPGN)

急速進行性糸球体腎炎(rapidly progressive glomerulonephritis: RPGN)は,腎糸球体に急速かつ激烈な炎症がおこり,数週から数か月間の経過で腎機能が急速に低下して腎不全に至ります.最も重篤な糸球体腎炎症候群であり,生命予後も不良,腎予後も不良で維持透析へ移行しない場合も慢性腎不全としての管理加療を要することが大半です.腎炎の中でも最も予後が悪く,治療にも難渋することが多いです.


臨床的特徴

全身倦怠感,微熱
全身性血管炎の部分症状の場合には,上気道を含む呼吸器や四肢の神経・血管症状がみられることがある.

関連自己抗体

自己抗体 ANCA
MBL関連製品 IIF法:フルオロANCAテスト
CLEIA法:ステイシアMEBLux™ テストMPO-ANCA, ステイシアMEBLux™ テストPR3-ANCA
ELISA法:MESACUP™-2テストMPO-ANCA, MESACUP™-2テストPR3-ANCA
疾患・病態との関連 RPGN.ANCA関連血管炎.
診断基準 -
自己抗体 抗GBM抗体
MBL関連製品 CLEIA法:ステイシアMEBLux™ テストGBM
疾患・病態との関連 抗糸球体基底膜腎炎.RPGN.
診断基準 -