ホーム > 疾患と検査 | 臓器特異的自己免疫疾患 > 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

疾患と検査

特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

 特発性血小板減少性紫斑病は血小板膜蛋白に対する自己抗体が発現し,血小板に結合する結果,主として脾臓における網内系細胞での血小板の破壊が亢進し,血小板減少をきたす自己免疫性疾患です.最近,欧米において本症は,primary immune thrombocytopeniaと呼ばれることが多いようです.種々の出血症状を呈します.通常,赤血球,白血球系に異常を認めず,骨髄での巨核球産生能の低下もみられません.ITPの診断は今でも除外診断が主体であり,血小板減少をもたらす基礎疾患や,薬剤の関与を除外する必要があります.血小板減少とは,血小板数10万/µL未満をさします.最近では,ITPにおいては血小板破壊亢進のみならず,血小板産生も抑制されていることが明らかにされています.血小板自己抗体が骨髄巨核球にも結合し,血小板の産生障害を引き起こしていると考えられています.

関連自己抗体

自己抗体 血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG)
診断基準
自己抗体 抗血小板自己抗体
疾患・病態との関連 血小板破壊亢進.血小板産生障害.
診断基準 -