ホーム > 疾患と検査 | 全身性自己免疫疾患 > 成人スチル病

疾患と検査

成人スチル病

成人スチル病は,高熱,定型的皮疹(サーモンピンク疹),関節炎を有する原因不明の炎症性疾患であり,若年成人に好発します.16才以上を成人としますが,小児発症で成人まで遷延した例と併せて成人スチル病と呼びます.不明熱の原因疾患の一つとして理解しておくことが重要です.全身性自己免疫疾患の類縁疾患ですが,通常,自己抗体は陰性です.

臨床的特徴

発熱 (39℃以上の高熱;典型例では夕方から夜に発熱し,朝には解熱する間欠熱を示す),関節痛,発疹,咽頭痛,定型的皮疹,リンパ節腫脹,脾腫,筋痛
間質性肺炎,胸膜炎,心外膜炎
(以下,稀)
腎障害,肉芽腫性肝炎,急性肝不全,心内膜炎,麻痺性イレウス,末梢神経障害,顔面神経麻痺,頭蓋内圧亢進,無菌性髄膜炎