MBL 株式会社医学生物学研究所 臨床検査薬

このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。

間接蛍光抗体法による抗核抗体写真集

細胞の構造と細胞周期

細胞周期

分裂、増殖している細胞を観察すると、まず核内の成分が凝縮して染色体となり、この染色体が核の両側に移動して核が2つに分裂した後、細胞質が分裂して2つの細胞となります。分裂したそれぞれの細胞はしばらく時間をおき、再び分裂を繰り返します。この核の分裂と細胞質の分裂の時期を細胞分裂期 (M期; Mitosis phase) といい、それ以外の時期を間期 (interphase) といいます。間期はさらに、G1期 (Gap 1 phase)、S期 (Synthesis phase)、G2期 (Gap 2 phase)に分けられています。またG1期の途中から休止期G0期 (Gap 0 phase) に入る細胞もあります。


※下図は細胞周期の模式図とMBLの「フルオロHEPANAテスト (Code No. 4210, 4220)」を抗セントロメア抗体で染色した写真をあわせたものです。